ロスカットを学ぼう

リスクを少しでも減らそう

ロスカットは、FXで失敗して損失が大きくなった時に、自動で取引を終了することを言います。
すると失敗が続いても、資産が全て無くなることは回避できるので安心できます。
気持ちを改めて、また取引に挑戦してください。
FXに夢中になっていると、どのくらい損をしたのか分からなくなってしまう人が多いです。

1回レバレッジを大きくして利益を上手く増やすことができれば、その後はどんどん調子に乗ってレバレッジを大きくする人が見られます。
ですがFXでは、そのように油断している時に失敗する可能性が高いと言われています。
万が一のことを考えて、前もってロスカットを設定してください。
失敗した時のことも頭に入れて、取引に臨みましょう。

失敗が続いた場合

FXをする時は、ロスカットをしておいた方が絶対に良いと言われています。
損失に自分で気づかなかった時は、どんどんお金を使ってしまうのでいずれ生活費を削らないといけない事態になります。
家族がいた場合は、自分だけでなく家族にも迷惑をかけると思って、FXを進めないといけません。
万が一ビバレッジを大きくし過ぎて資産を失った場合、家族も路頭に迷うことになります。

成功するために取引を進めることは重要ですが、初心者はまずお金を失わないことを優先した方が良いかもしれません。
そのために、ロスカットという仕組みがあります。
前もって設定しておくのは面倒だと感じるかもしれませんが、絶対に取引を成功できる保証はありません。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る