日本での決まりを知っておこう

レバレッジの呼び方

海外では、預けたお金を何倍にするか決める時は普通にレバレッジという言葉が使われると思います。
ですが日本では、レバレッジのことをレバと省略して呼んでいるケースが見られます。
レバ2倍と言えば、レバレッジが2倍だという意味になります。
省略して呼ぶことを知らないと、上手く預けた金額を倍にすることができないかもしれないので気をつけてください。

呼び方は省略されていますが、レバレッジの具体的な内容は同じです。
倍率を自分で選択して、成功すれば預けたお金を倍にできます。
海外で大きなレバレッジをかけて成功していた場合でも、急に日本でレバレッジの呼び方が変わると戸惑って、失敗してしまう危険性があるので注意しましょう。

制限があることを理解しよう

無限に、好きな金額をレバレッジにかけられるわけではありません。
海外では100倍や200倍にすることができたかもしれませんが、日本では25倍までしか選択できない決まりになっています。
100倍を選択すれば、少ない金額でもすぐに大きくすることができます。
ですが失敗した時に危険性がかなり高くなるので、日本ではそこまで大きなレバレッジができない決まりに変更されました。

最大で25倍までしかできませんが、危険性が少ないので安心できると思います。
何度も取引を成功させていれば、コツコツと資産を増やすことができます。
繰り返せば良いので、大きなレバレッジで一気にお金を稼ごうと思わないでください。
初心者は一気に稼ごうと思って、失敗します。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る